キーワードのマッチタイプの選び方【リスティング広告】

マッチタイプの選び方リスティング広告

リスティング広告のキーワードのマッチタイプをどのように選べば良いか知りたい…。

マッチタイプは全部で4種類あるから、それぞれの特徴を理解したうえで使い分けよう!

リスティング広告において、キーワードはユーザーの入り口となるためとても重要な項目になります。

キーワードを管理画面に登録するときにどのくらいキーワードを拡張させるか、マッチタイプというものを一緒に設定する必要があります。

そこで今回は、リスティング広告のキーワードで必要となってくるマッチタイプとはなんなのか、そしてマッチタイプの種類から効果的な選び方を解説していきます。

スポンサーリンク

マッチタイプとは?

マッチタイプとは?

マッチタイプを設定するのはどういう意味があるの?

マッチタイプを使って、登録しているキーワードとどの程度一致しているかどうかで配信するかどうかを決めるんだ!

マッチタイプとは、設定したキーワードとユーザーが検索したキーワードとがどこまで一致した場合に広告を配信するかを決めるものになります。

このマッチタイプを組み合わせることで、様々な検索キーワードを拾って広告を配信することが出来ます。

マッチタイプには4つの種類があります。

上記の図のように、完全一致は一番拡張度合いが低く、部分一致になるに連れて拡張度合いは高くなり、より様々なキーワードで広告が配信されるようになります。

スポンサーリンク

マッチタイプの種類

マッチタイプの種類

ここからは4つのマッチタイプについて解説していきます。

完全一致

完全一致はどういうマッチタイプなの?

名前の通り、完全に一致した場合にのみ広告が配信されるんだ!

完全一致とは、設定したキーワードと検索したキーワードが完全に一致した場合に広告が配信されるマッチタイプです。

Google広告で設定する場合は、[]の記号でキーワードを挟んで入稿することで完全一致となります。

例えば、「パソコン」の完全一致で広告を配信した場合は、以下のようになります。

つまり「パソコン」と検索した場合にのみ、広告が配信されるのが完全一致です。

完全一致を使うメリットとしては、その特定の検索キーワードにおける入札単価の設定が出来るので、例えば獲得に良く繋がるキーワードであったり、配信量の多いキーワードを完全一致で登録しておくことで、入札をコントロールすることが出来ます。

逆にデメリットは、一致したキーワード以外で広告配信することが出来ないので、完全一致だけでアカウント構成を作ってしまうと、それ以外のキーワードを拾うことが出来ず機会損失が生まれてしまいます。

フレーズ一致

フレーズ一致は?

登録しているキーワードをフレーズとして、そのフレーズが含まれている場合に広告が配信されるマッチタイプなんだ!

フレーズ一致とは、登録したキーワードが検索キーワードに含まれている場合に広告が配信されます。

Google広告で設定する場合は、””の記号でキーワードを挟んで入稿することでフレーズ一致になります。

例えば、「パソコン」のフレーズ一致で広告を配信した場合は、以下のようになります。

フレーズ一致は、完全一致では配信出来なかった掛け合わせのキーワードで検索した時に配信することが出来るので、ユーザーがどのようなキーワードで検索しているのかを把握することが出来て便利です。

ただし注意点として、以下のように「パソコン 激安」という掛け合わせたキーワードをフレーズ一致で登録した場合、「激安 パソコン 渋谷」や「パソコン 渋谷 激安」など登録したキーワードと順序が変わってしまう場合は広告が配信されません。

部分一致

部分一致は部分的に一致?

いや、部分一致というのは関連しているキーワードの時に広告が配信されるんだよ!

部分一致は、登録したキーワードと関連性が高いキーワードを検索した場合に広告が配信されるマッチタイプです。

Google広告では、記号を設定せずにキーワードを登録した場合、部分一致となります。

例えば、「パソコン」の部分一致で広告を配信した場合は、以下のようになります。

この関連性は、Googleの検索エンジン上で自動学習がされて関連性が高いキーワードがどれかを判断しています。

そのため部分一致は、気付かなかったキーワードで広告を配信させることが出来るので、広告を最大化していく上では重要なマッチタイプになります。

ただし、想定外のキーワードや出稿したくないキーワードで配信されてしまうことがあり、コントロールが非常に難しいマッチタイプです。

実際に配信されているキーワードを定期的にチェックして、出稿したくないキーワードが見つかれば随時除外設定を行っていく必要があります。

絞り込み部分一致

絞り込み部分一致?

さっきの部分一致を絞り込んだマッチタイプのことで、+の記号を付けるんだ!

絞り込み部分一致とは、「+」の記号が付いているキーワードが含まれている場合に広告が配信されるマッチタイプです。

Google広告もYahoo!プロモーション広告も「+」の記号を付けて、部分一致として入稿することで絞り込み部分一致の扱いとなります。

例えば、「+パソコン +激安」の絞り込み部分一致で広告を配信した場合は、以下のようになります。

また「+」が付いていないキーワードは部分一致の扱いとなるため、「+パソコン 激安」と前にだけ「+」の記号を付けた場合は、以下のようになります。

このように特定のキーワードで絞り込んで広告配信を行うことが出来るので、より購入まで繋がりやすいユーザーを見つけていくことが出来るマッチタイプです。

ただし絞り込みすぎると、完全一致と同様にキーワードが拡がらなくなりますので、部分一致などと合わせて活用していくことをおすすめします。

スポンサーリンク

マッチタイプの選び方

マッチタイプの選び方

ここからは先ほどの4つのマッチタイプをどのように選んでいくのが良いか解説していきます。

ビックワードは完全一致とフレーズ一致で追加

キーワードの中で軸となるワードは、完全一致とフレーズ一致を設定しておくと良いんだ!

なんで??

ビックワードは検索数が多いから、完全一致で設定しておくことで入札をコントロールできるようになるからなんだ!

ビックワードは検索数の多いキーワードになりますので、入札の上げ下げでかなり配信量が大きく変わります。

そのためしっかりと制御が出来るように、単ワード(「リスティング広告」など)は完全一致で入稿しておくことをおすすめいたします。

もし獲得が取れないキーワードであっても、完全一致は他のマッチタイプよりも優先されるため、入札単価を抑制させておくだけで配信させないということが出来ます。

また単ワードでは取れなくても掛け合わせでは繋がる可能性が考えられますので、低単価のフレーズ一致で追加しておくことで安く拡張させることが出来ます。

ビックワードとの掛け合わせは完全一致と絞り込み部分一致

掛け合わせたキーワードはどうしたらいい??

掛け合わせのキーワードは、ユーザーの購入に繋がる確度が高い可能性があるので、完全一致と絞り込み部分一致で組み合わせると良いよ!

ではビックワードと掛け合わせたキーワードはどのマッチタイプが良いのでしょうか?

掛け合わせたキーワードは、ユーザーの検索意図がより明確になるため、コンバージョンに繋がりやすくなると考えられます。

例えば、「購入」や「問い合わせ」などの掛け合わせのことを指しています。

そのため、この掛け合わせキーワードが獲得のメインになると想定されますので、このキーワードを含む場合には出来るだけ広告が配信されている状況にしておくのがベストです。

そこで完全一致と絞り込み部分一致で登録しておくことで、見込み顧客ユーザーに向けた広告配信をコントロールすることが出来ます。

CVに繋がる検索語句は完全一致と部分一致で追加

運用配信後も検索語句をチェックしてマッチタイプを追加していこう!

効果があるの?

CVに繋がっている検索語句は、完全一致で追加して入札強化すれば掲載順位が上げられるんだ!

CPAが低くCVに繋がっている検索語句は、入札を強化して掲載順位を上げることでよりCV数を増やしていくことが出来ます。

そのため、完全一致にて追加を行っていきます。

この完全一致での追加対応を怠ると、例えばフレーズ一致で獲得が上がっているので、そのフレーズ一致に対して入札を強化してしまうと、獲得に繋がっていない検索語句でも掲載順位を上げてしまい、獲得効率が落ちるということが良く発生します。

そのため、完全一致で追加入稿して入札強化することで、その検索語句でのみ掲載順位を上げられるので獲得効率を維持しながら件数増加が期待できます。

またCVに多く繋がっている検索語句があれば、部分一致を低単価で追加することで、より獲得に近しい検索語句を拡張していくことが出来ます。

フレーズ一致で拾った検索語句は絞り込み部分一致で追加

フレーズ一致の検索語句からは、CVに繋がりやすいキーワードを発掘していくんだ!

発掘?

うん、キーワードで追加していないけど、ユーザーの検索意図が分かるようなキーワードを見つけていくんだ!

先ほどビックワードのフレーズ一致をおすすめいたしましたが、ビックワードによっては掛け合わせワードでも配信量は多いです。

そこで検索語句をチェックして配信量の多い順に、ビックワードと1語もしくは2語の掛け合わせキーワードを絞り込み部分一致で追加していきます。

絞り込み部分一致で追加させることで、フレーズ一致よりもキーワードの一致率を上げることが出来ますので、よりどのような掛け合わせワードが獲得に繋がりやすいかという傾向が掴めるようになってきます。

スポンサーリンク

まとめ

まとめ

マッチタイプも慎重に選ばないとダメなんだね…。

せっかくキーワードをしっかりと選定していてもマッチタイプの設定を失敗すると、良い効果が出なくなってしまうので気を付けてね!

今回はリスティング広告のキーワードに設定するマッチタイプについて、特徴や選び方を解説させて頂きました。

マッチタイプは全部で4種類ありますが、それぞれで特徴が異なり、使い方次第では効果が大きく変わるものになっています。

広告配信当初は、完全一致と絞り込み部分一致を中心に設定していくことが多いですが、配信後は検索語句をチェックしながら、部分一致も活用してより件数が伸ばせていけるアカウント構成にしていきましょう。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

広告運用でお悩みの方へ

  • 広告運用が上手くいかず困っている
  • 広告代理店に運用を依頼しているが手数料が高い
  • Web広告を配信したいけどどうやれば良いのか分からない

など広告運用においてお悩みのある方に向けて、フリーランス(個人事業主)として広告運用代行サービスをご提供させて頂いております。
アカウントの初期設定からターゲット設定、運用調整、日々のレポート作成まで皆さまの事業における広告配信の最大化を7年半の運用実績からサポートさせて頂きます。

多くの広告代理店では広告費によって手数料が変わる手数料率制度を採用しておりますが、私は広告費の増減に関わらない固定費制度を採用した運用代行サービスをご提供しております。
これまでの経験から「広告費が増える=作業工数が増える」わけでは無いにも関わらず手数料が上がることに疑問を感じていたことより、運用費用を月額固定の55,000円(税込)とさせて頂きました。(※作業工数等に応じて変動はございます。)

気になる方は以下よりサービス詳細内容をご覧ください!

リスティング広告
スポンサーリンク
この記事を書いた人
Tomoya Watanabe

リスティング広告の運用歴は7年で、広告代理店も広告主側もどちらも経験してきました。記事では、自らのリスティング広告の運用の経験から、実際にやってみて上手くいったことだけでなく、失敗したこともすべてリアルに解説していきます。

>>リスティング広告運用代行サービス

ブログ更新情報をチェックする
この記事が良かったらシェアをお願いします
ブログ更新情報をチェックする

以下の欄にメールアドレスを入力すると、メールでブログの更新情報を受け取ることが出来ます。

イノアークス

コメント

タイトルとURLをコピーしました