リスティング広告の仕組みを一からまとめて理解できる!

リスティング広告

これからリスティング広告を配信しようとしているんだけど、どのような仕組みになっているのかが知りたい…。

リスティング広告は簡単に見えて複雑な仕組みになっているから、この記事でしっかりと理解していこう!

リスティング広告は、GoogleやYahoo!などの検索サイトに配信できるテキスト広告です。

簡単に説明すると、ユーザーが検索するキーワードを登録して広告文を表示させるという広告なのですが、結構複雑な仕組みがリスティング広告にはあります。

そこでこの記事では、リスティング広告の仕組みとして、キーワードと連動する仕組みから費用や入札の仕組みまでをまとめていきます。

スポンサーリンク

キーワードと検索連動する仕組み

なんで検索したキーワードに連動させることが出来るの?

アカウント構造の中で連動している仕組みが作られているからなんだ!

リスティング広告では、なぜキーワードと連動して広告を配信することが出来るのでしょうか?

それは、リスティング広告を配信するためのアカウント構造が大きな役割を果たしています。

具体的には、リスティング広告のアカウント構造では、大きくアカウント・キャンペーン・広告グループと呼ばれる箱のようなものを層にして作っていきます。

そして、一番最下層である広告グループの中に入れたキーワードと広告文が連動することによって、検索連動の仕組みが出来上がっているのです。

スポンサーリンク

費用が発生する仕組み

リスティング広告って費用はどうかかるの?

クリック課金型とも言われて、クリックした時だけ発生するんだ!

リスティング広告は、どのように費用が発生するのでしょうか?

実はただ広告を配信するだけであれば、リスティング広告は費用が発生しません。

なぜなら、リスティング広告はクリック課金型と呼ばれるクリックされたタイミングで広告費用が発生するからです。

この仕組みにより、興味の無いユーザーに配信されたとしても、クリックされなければ広告費は発生しません。

スポンサーリンク

入札の仕組み

入札ってなんか難しそう…

簡単に言うとキーワードに単価を設定することを入札と呼ぶんだよ!

リスティング広告の入札はどのような仕組みになっているのでしょうか?

リスティング広告では、キーワードに対して入札単価を設定していきます。

そして、ユーザーが登録しているキーワードを検索した際に、同じキーワードを登録しているアカウント同士で瞬時にオークションが行われます。

この入札オークションの仕組みによって、後ほど解説する掲載順位やクリック単価が決まっていきます。

スポンサーリンク

掲載順位が決まる仕組み

リスティング広告の掲載されている場所はどうやって決まっているの?

オークションによってそれぞれの広告毎にランクが決められて、上から順番に表示されていくんだよ!

リスティング広告の掲載順位はどのように決まっていくのでしょうか?

先ほど解説したオークション入札と呼ばれるもので、各アカウントに対して広告ランクが決められていきます。

この広告ランクは、キーワードの質を評価する品質スコアと設定した入札単価を掛け合わせた値になっています。

そしてこの広告ランクが高い順番に、リスティング広告の掲載順位が決まるという仕組みになっています。

スポンサーリンク

品質スコアの仕組み

品質スコアってどういうものなの?

そのキーワードと訴求する内容との関連性を表している項目なんだ!

それでは品質スコアというのは、どのように決まるのでしょうか?

品質スコアは、登録したキーワードに対して10段階で評価される質のことを指しています。

そして、この品質スコアを決める要素として、「キーワードの推定クリック率」「キーワードと広告の関連性」「ランディングページの利便性」の3つによって決められています。

スポンサーリンク

クリック単価が決まる仕組み

クリック単価ってなに?

リスティング広告がクリックされた時に発生する1クリックの費用のことを指しているんだよ!

キーワードに対して設定した入札単価と、実際に費用の発生するクリック単価は異なります。

入札単価はあくまでもオークションにいくらで入札するかを決めるものであって、実際のクリック単価はそのオークション内で決められます。

具体的には、掲載順位が自分よりも一つ下の広告の広告ランクを元に以下のような計算でクリック単価は決められていきます。

実際のクリック単価=掲載が1つ下の広告ランク÷自社の品質スコア+1

スポンサーリンク

まとめ

リスティング広告の仕組みって結構複雑なんだね…。

うん、意外と覚えることがたくさんあるから、ゆっくりと理解していこうね!

今回はリスティング広告の仕組みとして、どのようにキーワードと連動するのか、そして入札の仕組みがどうなっているのかについて解説していきました。

リスティング広告を配信するためには、これらの仕組みは必ずと言っていいほど知っておく必要がある知識になります。

これからリスティング広告を配信しようと考えている方も、すでに広告を配信しているけどあまり仕組みを知らなかったという方も、是非参考にして頂ければ幸いです。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

広告運用でお悩みの方へ

  • 広告運用が上手くいかず困っている
  • 広告代理店に運用を依頼しているが手数料が高い
  • Web広告を配信したいけどどうやれば良いのか分からない

など広告運用においてお悩みのある方に向けて、フリーランス(個人事業主)として広告運用代行サービスをご提供させて頂いております。
アカウントの初期設定からターゲット設定、運用調整、日々のレポート作成まで皆さまの事業における広告配信の最大化を7年半の運用実績からサポートさせて頂きます。

多くの広告代理店では広告費によって手数料が変わる手数料率制度を採用しておりますが、私は広告費の増減に関わらない固定費制度を採用した運用代行サービスをご提供しております。
これまでの経験から「広告費が増える=作業工数が増える」わけでは無いにも関わらず手数料が上がることに疑問を感じていたことより、運用費用を月額固定の55,000円(税込)とさせて頂きました。(※作業工数等に応じて変動はございます。)

気になる方は以下よりサービス詳細内容をご覧ください!

リスティング広告
スポンサーリンク
この記事を書いた人
Tomoya Watanabe

リスティング広告の運用歴は7年で、広告代理店も広告主側もどちらも経験してきました。記事では、自らのリスティング広告の運用の経験から、実際にやってみて上手くいったことだけでなく、失敗したこともすべてリアルに解説していきます。

>>リスティング広告運用代行サービス

ブログ更新情報をチェックする
この記事が良かったらシェアをお願いします
ブログ更新情報をチェックする

以下の欄にメールアドレスを入力すると、メールでブログの更新情報を受け取ることが出来ます。

イノアークス

コメント

タイトルとURLをコピーしました