リスティング広告とは?必要な基礎知識をわかりやすく解説!

リスティング広告とは?リスティング広告

初めてリスティング広告を配信しようとしているんだけど、何から勉強したらいいかわからない…。

リスティング広告は学ぶことが多い広告メニューなんだ!

リスティング広告とは、GoogleとYahoo!が提供している広告媒体のことで、検索結果画面や媒体と提携しているサイトに配信出来る広告のことです。

みなさんもGoogleやYahoo!などで検索した際に、リスティング広告が表示されたことがあると思います。

そんな身近な広告であるリスティング広告について、この記事ではどんな特徴があるのか、配信するメリットやデメリットについてまとめています。

スポンサーリンク

リスティング広告とは?

リスティング広告は、GoogleやYahoo!などの検索結果画面に表示することが出来るテキスト広告のことを言います。

検索サイトでキーワードを入力すると、以下の赤枠のように検索結果と一緒に「広告」と書かれたラベルで表示されているものが、リスティング広告になります。

Googleの検索サイトに配信する際はGoogle広告、Yahoo!の検索サイトに配信する際はYahoo!広告と呼ばれるツールを利用して配信します。

検索キーワードと連動する広告

リスティング広告は、ユーザーが入力したキーワードに連動して配信される広告です。

もう少し詳しく説明すると、広告を配信する際はキーワードを登録することで、そのキーワードで検索された場合に広告が表示される仕組みになっています。

クリックしたら広告費が発生する

クリック課金形式とも呼ばれますが、表示された広告をユーザーがクリックすると広告費が発生します。

コンテンツ連動型広告も含まれる

リスティング広告は広い意味で、検索結果画面以外に配信できるコンテンツ連動型広告も含まれることがあります。

コンテンツ連動型広告は、GoogleおよびYahoo!が提携しているウェブサイトやアプリ面に対して、バナー画像や動画を広告素材として配信できる広告です。

例えば、当サイトに掲載されている以下の枠が、コンテンツ連動型広告と呼ばれているものです。

スポンサーリンク

リスティング広告のメリット

リスティング広告を配信した場合、以下の3つのメリットが挙げられます。

リスティング広告のメリット
  • 費用対効果が良い
  • 即効性が高い
  • 操作の柔軟性がある

費用対効果が良い

リスティング広告は、広告主の目的である問い合わせや商品購入などの獲得に繋がりやすいユーザーをターゲットに出来るため、費用対効果が良い広告と言えます。

なぜなら、ユーザーが何かを欲しい、何かを知りたいと思ったときに、検索サイトを使って調べるため、リスティング広告はより商品に興味や関心の強いユーザーに配信させることが出来るからです。

即効性が高い

検索結果ページで自社のサイトを上位に表示させることをSEOと呼びますが、サイト内のコンテンツをGoogleがクローリングして上位に表示させるかどうかを判断しています。

どんなにユーザーのためになるコンテンツがあっても、クローリングで判断されるためにはある程度の時間をかけて上げていく必要があります。

一方、リスティング広告では、キーワードを登録すれば広告としてすぐに上位に表示させて集客出来るので、即効性がある広告と言えます。

操作の柔軟性がある

リスティング広告を配信できるGoogle広告とYahoo!プロモーション広告は、管理をオンライン上で行うことができます。

具体的には、Webブラウザ上でそれぞれの管理画面にログインすることができ、その画面で広告の設定を行うことができます。

そのため、ネット環境があれば24時間どこからでも設定内容を変更することが出来るため、とても柔軟性が高い広告です。

スポンサーリンク

リスティング広告のデメリット

反対にデメリットとしては、以下の3つが挙げられます。

リスティング広告のデメリット
  • 限界がある広告
  • ライバルが多いと単価が高い
  • ニュースに左右されやすい

限界がある広告

広告主がキーワードを登録したとしても、そのキーワードが検索されないと広告が配信されません。

例えば、ユーザーが月に100回検索されているキーワードをリスティング広告で登録したとしても、配信量が100回以上になることはありません。

そのため、リスティング広告はキーワードが検索される回数に左右されており、特定のキーワードで広告を配信できる数には限界があります。

ライバルが多いと単価が高い

同じキーワードを登録している広告主が多ければ多いほど、一回のクリック単価の費用が上がりやすくなります。

なぜなら、リスティング広告ではキーワードに入札単価を設定して配信するオークション入札という方式を取っており、ライバルが多いとこの入札単価を上げないと広告を配信することができなくなるからです。

ニュースに左右されやすい

商品やサービスがニュースなどの時事問題に取り上げられると、そのキーワードでの検索数が大幅に伸びることがあります。

効果があるなど良いニュースであれば、獲得に繋がりやすくなるので問題ありませんが、不祥事や不具合、犯罪に関わることが絡むと獲得には繋がりにくいです。

このような悪いニュースの場合は早めにキャッチアップして対策を行わないと、クリックだけされてしまい広告費が数時間で大きく消化してしまうので注意が必要です。

スポンサーリンク

リスティング広告の入札方式

リスティング広告では、オークション入札という方式を使って広告の配信が行われています。

オークション入札とは?

ユーザーがキーワードを検索したタイミングで、裏側で瞬時にそのキーワードを登録している広告主から入札が入り、入札単価と品質スコアという値を元に、どの広告をどこにいくらで配信するかどうか、が決まります。

この仕組みをオークション入札と呼び、リスティング広告特有の入札方式となっています。

広告の掲載順位の決まり方

リスティング広告が掲載される順位は、オークション入札によって上から順番に1位、2位、3位…と決まっていきます。

この掲載順位は、以下の計算によって決まる広告ランクの値の順番で決まっていきます。

広告ランク=品質スコア×入札単価

品質スコアはキーワードにおける質を決めるものになっていて、10段階の数値によって決まります。

例えば、4社のそれぞれの品質スコアと入札単価が以下の値となっている場合、広告ランクが計算されて掲載順位が決まります。

クリック単価の決まり方

キーワードに対して設定する入札単価と実際のクリック単価は異なり、掲載順位が一つ下の広告ランクを使って以下の計算で決まります。

実際のクリック単価=掲載順位が一つ下の広告ランク÷自分の品質スコア+1

例えば、先ほどの4社のクリック単価は以下のように決まります。

スポンサーリンク

まとめ

リスティング広告には色んな決まりがあるんだね!

特殊な仕組みも多いから最初は大変だけど、しっかりと覚えていこうね!

今回は、リスティング広告の特徴やメリット、デメリットについて解説させて頂きました。

リスティング広告は運用型メニューとも言われますが、この記事に書かれている特徴を理解しておくことで、効果の出る運用を行っていくことができます。

これからリスティング広告の配信を考えている方には、是非参考にしていただければと思います。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

広告運用でお悩みの方へ

  • 広告運用が上手くいかず困っている
  • 広告代理店に運用を依頼しているが手数料が高い
  • Web広告を配信したいけどどうやれば良いのか分からない

など広告運用においてお悩みのある方に向けて、フリーランス(個人事業主)として広告運用代行サービスをご提供させて頂いております。
アカウントの初期設定からターゲット設定、運用調整、日々のレポート作成まで皆さまの事業における広告配信の最大化を7年半の運用実績からサポートさせて頂きます。

多くの広告代理店では広告費によって手数料が変わる手数料率制度を採用しておりますが、私は広告費の増減に関わらない固定費制度を採用した運用代行サービスをご提供しております。
これまでの経験から「広告費が増える=作業工数が増える」わけでは無いにも関わらず手数料が上がることに疑問を感じていたことより、運用費用を月額固定の55,000円(税込)とさせて頂きました。(※作業工数等に応じて変動はございます。)

気になる方は以下よりサービス詳細内容をご覧ください!

リスティング広告
スポンサーリンク
この記事を書いた人
Tomoya Watanabe

リスティング広告の運用歴は7年で、広告代理店も広告主側もどちらも経験してきました。記事では、自らのリスティング広告の運用の経験から、実際にやってみて上手くいったことだけでなく、失敗したこともすべてリアルに解説していきます。

>>リスティング広告運用代行サービス

ブログ更新情報をチェックする
この記事が良かったらシェアをお願いします
ブログ更新情報をチェックする

以下の欄にメールアドレスを入力すると、メールでブログの更新情報を受け取ることが出来ます。

イノアークス

コメント

タイトルとURLをコピーしました