検索連動型広告とは?掲載できる媒体が分かる!

検索連動型広告とは?リスティング広告

検索連動型広告がどんな広告なのか知りたい…。

検索結果画面に配信できる広告のことを指しているんだ!

検索連動型広告は、検索エンジン上に配信できる広告で、ユーザーが検索したキーワードに連動する形で広告を配信できます。

主にGoogle広告やYahoo!広告が検索連動型広告の主要媒体になりますが、実は他の媒体でも配信することができます。

そこでこの記事では、検索連動型広告の概要と配信できる媒体について解説をしていきます。

スポンサーリンク

検索連動型広告とは?

広告主が特定のキーワードを登録してそのキーワードをユーザーが検索した場合に、検索結果画面に表示できる広告のことを検索連動型広告といいます。

そのキーワードを検索したユーザーのみが対象となりますので、自社の商品やサービスに関心度の高いユーザーに広告配信することができます。

掲載面としては、主な検索エンジンがほとんど含まれており、検索結果画面の上部もしくは下部に掲載が行われます。

広告費は、ユーザーがクリックされたタイミングで発生するクリック課金方式で配信することができます。

なお、後ほど解説するGoogle広告とYahoo!広告の検索連動型広告のことを主にリスティング広告と呼ぶことが多いです。

スポンサーリンク

検索連動型広告を配信出来る媒体

検索連動型広告は、それぞれの検索エンジンによって使う広告媒体が変わってきます。

ここでは以下の3つの広告媒体について、解説をしていきます。

Google広告

日本でシェア率が高いGoogleの検索エンジン上に出稿できるのが、このGoogle広告になります。

Google広告では、Googleの検索サイトはもちろん、検索パートナーと呼ばれるBiglobeやlivedoor、gooなどの他の検索エンジンにも広告を配信することができます。

Google広告ではオークション入札と呼ばれる特殊な入札方式により、掲載順位やクリック単価が決まります。

Yahoo!広告

Googleと同じくシェア率の高いYahoo!の検索エンジンに出稿出来るのが、Yahoo!広告になります。

Yahoo!広告もYahoo!の検索サイト以外にも、提携パートナーと呼ばれExciteやbing、@niftyなどの検索エンジンにも広告が配信できます。

Google広告と同じく、Yahoo!広告でもオークション入札の仕組みが導入されています。

レモーラリスティング

レモーラリスティングは、株式会社NTTコミュニケーションズのグループ会社である株式会社クロスリスティングが提供している検索連動型広告の媒体名となります。

主な掲載面としては、ocnやgoo、Biglobe、@niftyなどが対象となっています。

ただしどの掲載面も、パートナー契約しているGoogle広告もしくはYahoo!広告が上位に表示され、下の1枠もしくは2枠がレモーラリスティングの掲載枠となっています。

そのため、このレモーラリスティングはGoogle広告とYahoo!広告の補完的役割として使われることが多いです。

Google広告、Yahoo!広告との大きな違いは、入札方式と審査のやり方となります。

レモーラリスティングではキーワードに設定した入札単価が、そのままクリック単価として計上されるため、同じキーワードを登録している広告主がいた場合は、入札単価の高い広告が掲載される仕組みとなっています。

またGoogle広告とYahoo!広告は審査が厳しいのですが、レモーラリスティングでは別で独自の審査を行っているため、GoogleとYahoo!で配信できなかったサービスでも審査が通る場合があります。

スポンサーリンク

まとめ

まとめ

検索連動型広告も種類が複数あるんだね!

基本的には、Google広告とYahoo!広告を配信することで、ほとんどの掲載面が確保できるんだ!

今回は検索連動型広告について、概要と配信できる媒体を解説させて頂きました。

過去には、JwordJアドリスティングと呼ばれる媒体もありましたが、GoogleとYahoo!による勢力拡大によって淘汰されてしまい、現在の検索連動型広告としてはこの記事で紹介した3つが主に使われることがある広告媒体となっています。

まずはGoogle広告とYahoo!広告で配信を始めて、さらに取りこぼしを無くしたいようであれば、レモーラリスティングを検討していけば良いと思います。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

広告運用でお悩みの方へ

  • 広告運用が上手くいかず困っている
  • 広告代理店に運用を依頼しているが手数料が高い
  • Web広告を配信したいけどどうやれば良いのか分からない

など広告運用においてお悩みのある方に向けて、フリーランス(個人事業主)として広告運用代行サービスをご提供させて頂いております。
アカウントの初期設定からターゲット設定、運用調整、日々のレポート作成まで皆さまの事業における広告配信の最大化を7年半の運用実績からサポートさせて頂きます。

多くの広告代理店では広告費によって手数料が変わる手数料率制度を採用しておりますが、私は広告費の増減に関わらない固定費制度を採用した運用代行サービスをご提供しております。
これまでの経験から「広告費が増える=作業工数が増える」わけでは無いにも関わらず手数料が上がることに疑問を感じていたことより、運用費用を月額固定の55,000円(税込)とさせて頂きました。(※作業工数等に応じて変動はございます。)

気になる方は以下よりサービス詳細内容をご覧ください!

リスティング広告
スポンサーリンク
この記事を書いた人
Tomoya Watanabe

リスティング広告の運用歴は7年で、広告代理店も広告主側もどちらも経験してきました。記事では、自らのリスティング広告の運用の経験から、実際にやってみて上手くいったことだけでなく、失敗したこともすべてリアルに解説していきます。

>>リスティング広告運用代行サービス

ブログ更新情報をチェックする
この記事が良かったらシェアをお願いします
ブログ更新情報をチェックする

以下の欄にメールアドレスを入力すると、メールでブログの更新情報を受け取ることが出来ます。

イノアークス

コメント

タイトルとURLをコピーしました