リスティング広告の特徴とは?検索連動とクリック課金

リスティング広告の特徴リスティング広告

リスティング広告について調べているんだけど、どんな特徴があるのかを知りたい…。

リスティング広告には、大きな特徴として2つがあるんだ!

リスティング広告には、検索連動とクリック課金の2つの大きな特徴があります。

リスティング広告がよく使われる理由は、この2つが大きく関係していると考えられます。

そこでこの記事では、リスティング広告の特徴である検索連動とクリック課金の2つの特徴と、そこから分かるメリットとデメリットを解説していきます。

スポンサーリンク

検索連動の特徴

一つ目の大きな特徴としては、リスティング広告が検索連動型であるということです。

検索連動とは、ユーザーが検索したキーワードに連動して広告を配信することが出来る仕組みです。

GoogleやYahoo!の検索エンジンで、ユーザーがキーワードを検索します。

そして、そのキーワードを広告主が管理画面に登録することで、その検索したユーザーに対してテキスト広告が配信される仕組みになっています。

インターネットを利用する人々は年々増えていて、特にGoogleやYahoo!の検索エンジンを使って「調べる」「探す」という需要は増すばかりです。

そして検索エンジンを使って検索する人は、「何かをしたい」という欲求があり検索していて、その欲求を満たす情報を探しています。

リスティング広告では、このような欲求を持っているユーザーに対してテキスト広告というメッセージを配信することが出来ます。

そのため、商品やサービスに関心を持っているユーザーだけにメッセージという広告を配信出来るのが、検索連動型広告の大きな特徴になります。

スポンサーリンク

クリック課金の特徴

もう一つの大きな特徴が、リスティング広告の費用発生の仕組みがクリック課金型であるということです。

リスティング広告は、広告が掲載されるだけでは広告費はかかりません。

ユーザーが広告をクリックした場合にだけ、広告費が発生する仕組みになっています。

例えば、テレビCMや駅の看板広告などでは、広告費は固定額で支払うため、お金をかけて広告を掲載してもユーザーがサイトに来てくれないということがあります。

しかしリスティング広告の場合は、クリックしたユーザー、つまりサイトにアクセスしてくれたユーザーにのみ広告費が発生しますので、サイトのアクセス数は確実に増やすことが出来ます。

つまり、リスティング広告はサイトにアクセスしてくれたユーザーに応じて費用が発生する仕組みとなっているため、集客に直接繋がる広告と言えます。

スポンサーリンク

リスティング広告のメリット・デメリット

ではリスティング広告には、どんなメリットとデメリットが存在するのでしょうか?

リスティング広告のメリット

リスティング広告の最大のメリットは、費用対効果が高いということです。

検索連動という特徴から、商品やサービスに対して関心を持っているユーザーにターゲットを絞り、広告を配信することが出来ます。

さらにクリック課金という特徴から、自社の商品やサービスをより詳しく知りたいユーザーだけに、費用が発生しサイトにアクセスしてもらうことが出来ます。

つまり、獲得見込みの高いユーザーだけをターゲットとして広告配信することが出来るので、その後の売上やお問い合わせといった目標を達成しやすく、費用対効果が上がりやすいのが大きなメリットになります。

リスティング広告のデメリット

反対にリスティング広告のデメリットとしては、限界のある広告だということです。

広告主がキーワードを登録していたとしても、ユーザーがそのキーワードを検索してくれないと広告を配信することは出来ません。

もし検索されたとしても、ユーザーの欲求と異なるようであれば、サイトにアクセスしないか、したとしてもすぐに離脱されてしまう可能性が高いです。

そのため、ユーザーの需要が無い商品やサービスでは、検索される数にも限りがあり、すぐに限界に到達してしまうというデメリットも存在します。

スポンサーリンク

まとめ

まとめ

リスティング広告はキーワードが検索されないと意味が無いんだね!

獲得見込みの多いサービスならハマりやすいんだけど、そもそも需要が無いようなサービスの場合は、検索連動型は上手くいかないことが多いんだ!

今回はリスティング広告の2つの特徴と、メリット・デメリットを解説させて頂きました。

リスティング広告はあくまでも検索したキーワードに広告配信出来るのが大きな特徴であり、検索するユーザーを増やすという効果はありません。

もう少し広い意味で言えば、リスティング広告の検索連動型広告はこの通りですが、コンテンツ連動型広告は検索エンジン以外にも広告配信することができ、配信ターゲットを拡げることが出来ます。

取り扱っている商品やサービスの検索需要によって、どの種類で配信すべきかを決めていくのが良いでしょう。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

広告運用でお悩みの方へ

  • 広告運用が上手くいかず困っている
  • 広告代理店に運用を依頼しているが手数料が高い
  • Web広告を配信したいけどどうやれば良いのか分からない

など広告運用においてお悩みのある方に向けて、フリーランス(個人事業主)として広告運用代行サービスをご提供させて頂いております。
アカウントの初期設定からターゲット設定、運用調整、日々のレポート作成まで皆さまの事業における広告配信の最大化を7年半の運用実績からサポートさせて頂きます。

多くの広告代理店では広告費によって手数料が変わる手数料率制度を採用しておりますが、私は広告費の増減に関わらない固定費制度を採用した運用代行サービスをご提供しております。
これまでの経験から「広告費が増える=作業工数が増える」わけでは無いにも関わらず手数料が上がることに疑問を感じていたことより、運用費用を月額固定の55,000円(税込)とさせて頂きました。(※作業工数等に応じて変動はございます。)

気になる方は以下よりサービス詳細内容をご覧ください!

リスティング広告
スポンサーリンク
この記事を書いた人
Tomoya Watanabe

リスティング広告の運用歴は7年で、広告代理店も広告主側もどちらも経験してきました。記事では、自らのリスティング広告の運用の経験から、実際にやってみて上手くいったことだけでなく、失敗したこともすべてリアルに解説していきます。

>>リスティング広告運用代行サービス

ブログ更新情報をチェックする
この記事が良かったらシェアをお願いします
ブログ更新情報をチェックする

以下の欄にメールアドレスを入力すると、メールでブログの更新情報を受け取ることが出来ます。

イノアークス

コメント

タイトルとURLをコピーしました