TrueView for reachの設定や入稿方法を画像付きで詳しくご紹介【YouTube広告】

YouTube広告

「TrueView for reachを出稿してみたいけど、入稿のやり方が分からない…」

「通常のTrueView広告の入稿は分かるけど、TrueView for reachって違うの?」

TrueView for reachというメニューは、Googleの管理画面上にそのメニュー名の表記がないことから上記のように入稿の際に迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?

TrueView for reachの入稿設定は、最初のキャンペーン作成時にキャンペーンタイプで選択を行う必要があります。

これは、通常のTrueViewインストリーム広告はCPVによる視聴課金となりますが、TrueView for reachはCPM課金のメニューとなり、キャンペーンの設定自体が異なるからです。

そのため、

「現在出稿しているTrueViewインストリーム広告をTrueView for reachに変更したい!」

と思っても、キャンペーンそのものが異なるため途中から変更することは出来ません。

そこで、今回は設定を間違えないためにも、TrueView for reachの入稿から設定方法までを画像付きでご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

TrueView for reachとは?

TrueView for reachとは、TrueView広告の中でも認知に焦点を当てた動画広告になります。

配信面は、通常のTrueView広告と同じくYouTube上に出稿されますが、課金形態が異なり冒頭でもお伝えした通り、CPMでの課金が行われる広告になっています。

つまり、表示回数単位で課金が行われますので、「視聴回数を増やす」や「CV数を増やす」というよりも「多くのユーザーに広告配信を行える」メニューとなっています。

そのため始めにお話しした通り、多くのユーザーに認知してもらうことを目的とした広告になっています。

TrueView for reachに関して、もっと詳しく知りたい方は以下の記事に事例も載せておりますので、良かったらお読みください。

スポンサーリンク

TrueView for reachのキャンペーン設定方法

それでは、実際にTrueView for reachのキャンペーンの設定方法をご紹介させて頂きます。

まずはGoogleの管理画面上で新規のキャンペーン作成を行うと、以下のような画面が表示されると思います。

これは、今回新しく作成するキャンペーンがどのような目的の広告なのかを選択する項目になっております。

TrueView for reachは前項でもお伝えした通りで認知型のメニューとなりますので、以下赤枠で囲っている「ブランド認知度とリーチ」を選択してください。

なお、ここで設定を間違えると再度新規でのキャンペーン作成が必要となりますので、ご注意ください。

キャンペーンタイプを「動画広告」と選択すると、以下のサブタイプを選択することが出来るようになります。

このうち、TrueView for reachは一番上の「スキップ可能なインストリーム」を選択します。

なお、他の選択肢については以下の通りとなります。

  • バンパー広告:6秒でスキップの出来ない動画広告
  • スキップ不可のインストリーム広告:最大15秒間の強制視聴型の動画広告
  • アウトストリーム広告:YouTube面以外のパートナーサイトに表示される動画広告
  • 広告シーケンス:動画Aを見たユーザーに動画Bを見せるなど広告配信の順序を決めて配信させる動画広告

この後に細かい予算や配信スケジュールなどを入れていけば、TrueView for reachの設定は完了です。

スポンサーリンク

TrueView for reachの入札単価について

TrueView for reachのキャンペーンが作成出来れば、あとはターゲティングや動画の入稿などは通常のTrueViewインストリーム広告と同じです。

ただその中で一つ異なる部分が、入札単価になります。

冒頭でもお話しさせて頂きました通りで、TrueView for reachはCPM課金の広告メニューになります。

「CPM」
Cost Per Milleの略で1,000回の表示あたりに対する広告コストのことを指しています。

通常の視聴課金形式になれていると入札単価を3~5円ほど、高くても10円くらいで入札すると思いますが、CPM入札だと金額の桁が変わりますので注意が必要です。

配信予算やターゲティングによって違いますが、400~600円ほどで僕は入札を行うことが多いです。

つまり、1回の表示回数に対して0.4~0.6円くらいという計算になります。

もし、どの程度のユーザーに、どのくらい表示させて、予算はいくらと決まっている場合は、そこから逆算して入札単価を設定するようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回はTrueView for reachの実際の入稿や設定方法、また入札単価に関してご紹介させて頂きました。

動画広告を出稿する目的を「認知」と考えている企業様も多いと思いますので、TrueView for reachはとても使い勝手が良いものといえます。

ただ設定に関しては、

  • 最初のキャンペーン設定で正しい目標を選択する必要があること
  • 入札単価はCPM課金なので1,000回の表示回数あたりの上限単価を入力する必要があること

の2点でご注意いただきながら、TrueView for reachをご使用いただければと思います。

TrueView for reach以外のYouTube広告が気になる方は、以下の記事を参考にしてください。

最後までお読みいただきましてありがとうございました!

広告運用でお悩みの方へ

  • 広告運用が上手くいかず困っている
  • 広告代理店に運用を依頼しているが手数料が高い
  • Web広告を配信したいけどどうやれば良いのか分からない

など広告運用においてお悩みのある方に向けて、フリーランス(個人事業主)として広告運用代行サービスをご提供させて頂いております。
アカウントの初期設定からターゲット設定、運用調整、日々のレポート作成まで皆さまの事業における広告配信の最大化を7年半の運用実績からサポートさせて頂きます。

多くの広告代理店では広告費によって手数料が変わる手数料率制度を採用しておりますが、私は広告費の増減に関わらない固定費制度を採用した運用代行サービスをご提供しております。
これまでの経験から「広告費が増える=作業工数が増える」わけでは無いにも関わらず手数料が上がることに疑問を感じていたことより、運用費用を月額固定の55,000円(税込)とさせて頂きました。(※作業工数等に応じて変動はございます。)

気になる方は以下よりサービス詳細内容をご覧ください!

YouTube広告
スポンサーリンク
この記事を書いた人
Tomoya Watanabe

リスティング広告の運用歴は7年で、広告代理店も広告主側もどちらも経験してきました。記事では、自らのリスティング広告の運用の経験から、実際にやってみて上手くいったことだけでなく、失敗したこともすべてリアルに解説していきます。

>>リスティング広告運用代行サービス

ブログ更新情報をチェックする
この記事が良かったらシェアをお願いします
ブログ更新情報をチェックする

以下の欄にメールアドレスを入力すると、メールでブログの更新情報を受け取ることが出来ます。

イノアークス

コメント

タイトルとURLをコピーしました