TrueViewディスカバリー広告を使う2つのメリットとおすすめの設定方法!

ディスカバリー広告のメリットYouTube広告

TrueView広告の配信を検討しているんだけど、TrueViewディスカバリー広告がどんな広告なのか知りたい…。

TrueViewディスカバリー広告は、YouTube動画のページに集客することができる広告なんだ!

YouTubeを活用した広告で使われることが多いTrueView広告ですが、TrueViewインストリーム広告とTrueViewディスカバリー広告という2つに分かれています。

TrueViewインストリーム広告はテレビCMのようにYouTube動画の中に挟んで配信する広告なのに対して、TrueViewディスカバリー広告はYouTubeサイト内の関連動画や検索画面に表示させることができる広告メニューです。

TrueViewディスカバリー広告のイメージとしては、YouTube内でのリスティング・検索広告というと分かりやすいかもしれません。

そこで今回は、このTrueViewディスカバリー広告について、配信の仕組みや費用・課金形態、主なメリット、おすすめの使い方から実際の設定方法までを解説していきます。

スポンサーリンク

TrueViewディスカバリー広告とは?

まずはTrueViewディスカバリー広告がどんな広告なのかを説明していきます。

配信の仕組み

TrueViewディスカバリー広告とは、YouTube広告のフォーマットの1つでYouTubeサイト内で特定の動画に集客することを目的とした広告メニューです。

TrueViewディスカバリー広告の掲載箇所はYouTube内の関連動画の枠や検索画面となっており、見出し・説明文・動画のサムネイルで広告が表示されて、ユーザーがその広告をクリックすると設定したYouTube動画のページに遷移します。

なお、同じTrueView広告でもTrueViewインストリーム広告は、動画を広告素材としてユーザーに訴求していく広告であり、配信面もYouTube動画の中に挟まれる広告となりますので、TrueViewディスカバリー広告とは全く仕様が異なります。

TrueViewインストリーム広告については、TrueViewインストリーム広告の課金タイミングや仕組み、種類を徹底解説!の記事で特徴や仕組みを解説していますので参考にしてください。

TrueViewディスカバリー広告の費用・課金形態

TrueViewディスカバリー広告の広告費が発生するタイミングは、ユーザーが広告をクリックした地点となります。

もう少し詳しく説明すると、ユーザーが広告をクリックして特定のYouTube動画ページに遷移した時にのみ広告費が発生する仕組みとなっています。

そのため、その動画に対して興味の無いユーザーに広告が配信されてしまっても、クリックされなければ広告費が発生しませんので、効率的にYouTube動画ページに集客させることができます。

TrueViewディスカバリー広告のターゲティング

TrueViewディスカバリー広告では、ターゲティング設定をすることで特定のユーザーオーディエンスおよび配信面を制御して広告配信することができます。

設定できるターゲティング手法としては、通常のYouTube広告およびGDN(Googleディスプレイネットワーク広告)と同じターゲティングを活用することができ、主なものは以下の通りとなります。

  • デモグラターゲティング
  • キーワードターゲティング
  • トピックターゲティング
  • 購買意向の高いユーザー層
  • カスタムインテントオーディエンス
  • アフィニティカテゴリ
  • カスタムアフィニティカテゴリ

【YouTube広告のターゲティング一覧】TrueViewやバンパー広告のセグメント選定の記事では、YouTube広告で活用することができるターゲティングをまとめていますので、それぞれがどんなターゲティングなのか知りたい方は是非参考にしてください。

スポンサーリンク

TrueViewディスカバリー広告のメリット

ここからは、TrueViewディスカバリー広告を配信する以下の2つのメリットを解説していきます。

  • YouTube動画の再生回数を伸ばすのに効果的
  • インストリーム広告よりも集客するユーザーの質が高い

YouTube動画の再生回数を伸ばすのに効果的

TrueViewディスカバリー広告はYouTube内のリスティング広告とも呼ばれており、YouTube動画の再生回数を伸ばすのに効果的な配信メニューです。

なぜなら、TrueViewディスカバリー広告はリンク先をYouTube動画ページにして配信する広告であり、ユーザーが広告を1回クリックするとYouTube動画の再生回数も1回とカウントさせることができます。

広告費が発生するタイミングも広告クリック地点となりますので、低コストでYouTube動画の再生回数を伸ばすことができるメリットがあります。

なお、TrueViewインストリーム広告でもYouTube動画の再生回数にカウントされますが、30秒以下の動画であれば動画を最後まで視聴完了した場合、30秒以上の動画であれば30秒まで動画を視聴しないとYouTube動画の再生回数にはカウントされませんので、TrueViewディスカバリー広告の方が条件のハードルが低くなっています。

インストリーム広告よりも集客するユーザーの質が高い

TrueViewインストリーム広告は、テレビCMと同じくプッシュ型広告とも呼ばれ、ユーザーがYouTube動画を見ている最中に強制的に広告を配信させるフォーマットです。

このプッシュ型広告の特徴として、多くのユーザーに対して広告配信させられるというメリットがある一方で、興味のないユーザーに対しても広告配信されてしまい、無駄に広告費が発生してしまう可能性があります。

それと比較してTrueViewディスカバリー広告は、リスティング広告と同じくプル型広告と呼ばれ、ユーザー自らが広告をクリックしない限り広告費が発生しない広告フォーマットです。

そのため、よりその動画に対して興味の高いユーザーを絞り込んで集客することができますので、その後のエンゲージメントにも繋がりやすく費用対効果は高くなりやすいです。

YouTube動画を使ったマーケティングを考えている場合は、このTrueViewディスカバリー広告も活用することで、より効果が上がりやすくなります。

なお、プル型広告とプッシュ型広告に関してはリスティング広告の費用対効果が高い理由とは?の記事で解説しています。

スポンサーリンク

TrueViewディスカバリー広告から獲得に繋げる使い方

TrueViewディスカバリー広告を上手に活用することで、ユーザーをYouTube動画へ集客するだけでなく獲得数の増加に繋げることができます。

おすすめの施策として、TrueViewディスカバリー広告のターゲティングをカスタムインテントオーディエンスで配信して、集客したユーザーに対してGDNの動画リマーケティングでサイト誘導を促す方法です。

カスタムインテントオーディエンスとは、キーワードを複数設定することでそのキーワードに関する内容をよく調べている人や購入しやすいユーザーに対して、広告配信できるターゲティング手法です。

ただし、実はこのカスタムインテントオーディエンスはYouTube広告では仕様が異なり、設定したキーワードを14日間以内にGoogleで検索したユーザーに対して広告配信することができます。

リスティング広告などで獲得に繋がりやすいキーワードや単価の高いキーワードを設定することで、商品やサービスをすでに調べているユーザーにのみTrueViewディスカバリー広告を配信させることができ、さらに集客するユーザーの質を高めることができます。

そして、この広告をクリックして動画を再生してくれたユーザーのリマーケティングリストを作成して、動画リマーケティングとしてGDN配信させることで、かなり質の高いユーザーをサイトに集客することができます。

リスティング広告やディスプレイ広告で限界が見え始めた時に活用することで、新しいユーザー層の発掘に繋げられるおすすめの施策です。

スポンサーリンク

TrueViewディスカバリー広告の出し方・設定方法

ここからは、TrueViewディスカバリー広告を配信するための設定方法を解説していきます。

TrueViewディスカバリー広告の設定方法
  • 手順①
    キャンペーンから「+」ボタンを押して、「新しいキャンペーンを作成」をクリックします。
  • 手順②
    キャンペーンで達成したい目標を選択します。
  • 手順③
    キャンペーンタイプを「動画」で選択します。
  • 手順④
    キャンペーンのサブタイプを「カスタム動画キャンペーン」に選択して「続行」をクリックします。
  • 手順⑤
    キャンペーンの入札戦略を「上限広告視聴単価」に選択します。
  • 手順⑥
    配信するネットワークを「YouTube検索結果」のみにします。

    その他のキャンペーン設定は、それぞれの配信目的や商品・サービスにあわせて設定してください。

  • 手順⑦
    広告グループ名からターゲティング、入札単価を設定していきます。

    入札単価は上限の入札単価で、TrueViewディスカバリー広告では3~10円くらいが相場になります。

  • 手順⑧
    YouTubeにアップロードした動画のURLを入力します。

    なおアップロードした動画が公開もしくは限定公開でないと、広告配信することはできません。

  • 手順⑨
    サムネイル・広告見出し・説明文・広告名を入力して、「キャンペーンの作成」をクリックします。

    サムネイルは4つの中から選択、広告見出しは半角100文字以内、説明文は半角35文字以内で2本設定することができます。

  • 手順⑩
    「キャンペーンに進む」をクリックします。

以上で、TrueViewディスカバリー広告の設定は完了です。

YouTubeへの動画のアップロードから知りたい方は、【YouTube広告の始め方・出し方】動画の入稿方法から設定までの配信手順の記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

まとめ

まとめ

TrueViewディスカバリー広告は、インストリーム広告とは全然違うんだね!

インストリーム広告はサイト誘導が目的の一つだけど、TrueViewディスカバリー広告はYouTube動画のページに誘導することが目的の広告なんだ!

今回はTrueViewディスカバリー広告について、概要や特徴、おすすめの使い方から設定方法までを解説させて頂きました。

TrueView広告というと、あまり売上に繋がらないや効果がないという声も聞くことがありますが、TrueViewディスカバリー広告は質の高いユーザーに焦点をあてて広告配信できますので、ユーザー層を拡げていきたい場合にもおすすめです。

YouTube広告はそれぞれのフォーマットで役割や目的が異なりますので、もし他のフォーマットも知りたいようでしたら、【YouTube広告の種類】TrueViewやバンパー広告の特徴がまるわかり!の記事に現在配信できるYouTube広告のフォーマットを全種類紹介していますので、参考にして頂ければ幸いです。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

広告運用でお悩みの方へ

  • 広告運用が上手くいかず困っている
  • 広告代理店に運用を依頼しているが手数料が高い
  • Web広告を配信したいけどどうやれば良いのか分からない

など広告運用においてお悩みのある方に向けて、フリーランス(個人事業主)として広告運用代行サービスをご提供させて頂いております。
アカウントの初期設定からターゲット設定、運用調整、日々のレポート作成まで皆さまの事業における広告配信の最大化を7年半の運用実績からサポートさせて頂きます。

多くの広告代理店では広告費によって手数料が変わる手数料率制度を採用しておりますが、私は広告費の増減に関わらない固定費制度を採用した運用代行サービスをご提供しております。
これまでの経験から「広告費が増える=作業工数が増える」わけでは無いにも関わらず手数料が上がることに疑問を感じていたことより、運用費用を月額固定の55,000円(税込)とさせて頂きました。(※作業工数等に応じて変動はございます。)

気になる方は以下よりサービス詳細内容をご覧ください!

YouTube広告
スポンサーリンク
この記事を書いた人
Tomoya Watanabe

リスティング広告の運用歴は7年で、広告代理店も広告主側もどちらも経験してきました。記事では、自らのリスティング広告の運用の経験から、実際にやってみて上手くいったことだけでなく、失敗したこともすべてリアルに解説していきます。

>>リスティング広告運用代行サービス

ブログ更新情報をチェックする
この記事が良かったらシェアをお願いします
ブログ更新情報をチェックする

以下の欄にメールアドレスを入力すると、メールでブログの更新情報を受け取ることが出来ます。

イノアークス

コメント

タイトルとURLをコピーしました